ブログの細かな部分を修正中

お家で簡単サラウンド!ついに登場か。

高性能無線スピーカー

それにより、ホームシアターでサラウンド構築の敷居が低くなるぞ。

商品名

・SOUND SPHERE(ONKYO)※現状の一般販売は未定。

サイト名:ONKYO SOUND SPHERE WIRELESS SPEAKER SYSTEM

引用先URL: https://onkyo.com/audiovisual/hometheater/soundsphere/sksss51x/

・「WISA」と言われえる親機から無線で各スピーカーから出力可能でAVアンプといった設置場所を選ぶ事が不必要。
・各スピーカーにアンプが搭載されており、電源ケーブル接続のみで出力可能。
・遅延を感じない
・無線の為、面倒なスピーカー配線を引く手間が無い
・従来のサラウンドシステムより、さらに小型で設置場所の敷居が低い
・スマートフォン専用アプリからセッティングが可能かつ、簡単
・10万円前後で本格的サラウンドが楽しめる。※金額はチャンネル数により異なる
・ドルビーアトモスに対応
ARC・eARC端子・光デジタル接続

近年では、テレビにサウンドバーを設置して一段上の音響で視聴を楽しんでいる家庭も多くなってきました。
本製品もARC・eARC端子・光デジタル接続が可能であり、主にテレビ接続が中心と考えられる。
サウンドバーも高音質でサラウンドを楽しむ事が可能ですが、スピーカーは一か所に集中している為、どうしても疑似サラウンドになってしまいます。
それでも音質はかなり良いです。しかし、本製品はサウンドバーよりも本格的なサラウンドを楽しめるようになりました。
やはり、実際にスピーカーを設置したリアルサラウンドの方がより立体的に鮮明です。
リアルサラウンドは本来、各スピーカーにAVアンプからスピーカーケーブルを引かなければなりません。その手間、コストを省く事に成功したのが「SOUND SPHERE」です。

スピーカー自体の性能も良く、質の良いサラウンドが楽しめます。

音質と敷居

 

サウンドバー<SOUND SPHERE(サラウンドシステム)<AVアンプ+スピーカー
※構成の最大値で比較。

 

音質

サウンドバーをさらにパワーアップさせた位置づけ※疑似サラウンド⇒リアルサラウンド
「SOUND SPHERE」は専用スピーカーで出力されるため、音質は変える事は出来ませんが、チャンネル数を増やすことで、サラウンドの質を向上させる事は可能です。
そのため、AVアンプ+スピーカーの構成と比べると、自由度に限界があります。

「SOUND SPHERE」の音質は一般的に十分満足できます。
youtubeなどでデモ動画があるので調べてみると良いです。youtubeはあくまで紹介動画なので、本来の音質を体験するには無理があります。
最低でも質の良いヘッドホン等で視聴する必要があります。可能であれば実際に聴く事が良いです。

音に関する事なので、個人によって好みも違えば、こだわりも違います。有線でないとダメだとか、大型スピーカーでないとダメだとか、強いこだわりがある人にはお勧めしません

敷居

敷居も同じ位置づけです。
サウンドバーと比べ「SOUND SPHERE」は各スピーカーを指定の場所で設置しないといけません。※2.1chはサウンドバーと殆ど変わらない。
AVアンプ+スピーカーの場合は設置場所に加え、ケーブル類が多くなる為、より敷居が高い。

メリット

・設置の敷居が低い

なんと言ってもセッティングの敷居が下がった事が最大のメリットです。
リアルサラウンド構成において無線接続、小型はかなりの強みです。
AVアンプ+スピーカーとなると、AVアンプが大きい、スピーカーが大きい、ケーブル類が多い。など一度設置したら動かしたくありません。
また、賃貸だと、騒音問題や引越しを考慮しなければなりません。そうなると、取り除く手間が半端なくかかります。持ち家が無いとリアルサラウンドへの敷居がかなり高い。
「SOUND SPHERE」は無線でアンプがスピーカーと一体である事により、場所を選ばず、配線整理の手間が無く、設置するのみなので持ち家・賃貸のどちらでも手軽にセッチングが出来る。

・コスパが良い

従来のサラウンドシステムは有線であったり、大きかったりします。また、10万円以内で導入できる物は少なく、音質的にも問題があります。
また、「BOSE」といった有名メーカーは無線が使われていおり、小型で非常に高音質です。しかし、何倍もコストが掛かります。
本製品は音質とコストのバランスが非常に良く、サラウンドのエントリーモデルとして最適です。

デメリット

・細かい変更が出来ない

サラウンドシステムと同様、一式セットで専用スピーカー以外での出力が出来ません。なので、音質が好みに合っても合わなくても変更出来ません。
例えば、もう少し重低音の質を上げたい、声の質をもう少し良くしたいと思っても変更出来ません。実際に耳で体感して購入する事が基本です。
特に細かいところまでこだわりたい方にはお勧め出来ません。

・セッチングについて

セッティングは専用アプリで行います。そのため、スマートフォンやタブレットを持っている方に限られます。

まとめ

テレビの市場が増加していく中、このような手軽なサラウンドシステムが登場する事により、視聴する楽しみが増すきっかけになると思います。
「SOUND SPHERE」は現状、すぐの一般販売が厳しい状態のようです。クラウドファンディングによる支援は1億を超え、先行販売も5.1CHモデルは完売とサラウンドへの期待が大きい事が感じ取れます。

私自身も最近まで賃貸に住んでおり、サラウンドに興味があったものの、設置の敷居の高さから、疑似サラウンドで我慢していました。もっと早くこの商品が出ていれば、もっと早いタイミングで楽しい音響の世界に気づけていたと感じます。

テレビによる目から伝わる情報だけでなく、耳から伝わる情報にもこだわってみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!