ブログの細かな部分を修正中

痩せない原因

  • 2021年6月7日
  • 2021年6月8日
  • Takeblog
  • view

こんにちは

今日は、ダイエットしても痩せれない原因についてお話します。

どんどん太ると今まで着ていた服が入らなくなったり、見た目が悪くなります。

そうならない為にもしっかり体系を改善したいところです。

こんな人におすすめ

・運動しても痩せない
・食事の量を減らしても痩せない
・リバウンドしてしまう

結論

・ダイエット方法が間違っている。または効率が悪い
・内臓環境が悪い

 

ダイエット方法が間違っている。または効率が悪い

間違ったダイエット方法は

・極度の食事制限
・ランニング中心

この二つに当てはまると、痩せにくく、リバウンドしやすい体になります。
原因は、筋肉量低下による、基礎代謝の減少と、脳が栄養が足りない為、蓄えるよう体に指示するからです。

改善方法

食事は三食しっかり取ります。炭水化物、糖分、脂質は極力控えるよう、制限しましょう。週に1度は気にせず食事をする日を設けると、脳が栄養不足と誤認してしまう原因の改善になります。
運動はウエイトトレーニング中心に行い、筋肉を肥大させるようにしましょう。
筋肉を肥大させるには、栄養をしっかり取る事が必要です。
この理由から、極度の食事制限はダイエットに適しません。
ランニングはウエイトトレーニング後に行い、軽く、筋肉を解す程度で軽く行います。20分以上走り続けると、脂肪の燃焼が行われます。
ランニングのみでは、1時間走っても100カロリー程度しか消費しませんが、ウエイトトレーニング後の場合、筋肉が燃える為、代謝をより上げます。
そのため、筋肉が燃えている間は常にカロリー消費をしている為、ダイエットの効率が非常に良いです。

内臓環境が悪い

内臓環境が悪いと、栄養補給の効率が悪く、脳が栄養不足と判断し、栄養を蓄えようとします。そのため、消費が制限され、痩せにくくなります。
また、脳疲労も起こしやすく、ウエイトトレーニング中でもすぐに頭痛を引き起こす原因になります。

胃痛や腸痛の症状がある方は、一度検査を受ける事をお勧めします。

改善方法

・自律神経を整える

また、一日に2リットルの水分を摂取すると、自立神経の改善に効果があります。
日常生活では、生活リズムを一定に保つよう心がけましょう。
起床時間から、就寝時間まで、毎日決まった時間で行う習慣をすることで、自立神経の改善に繋がります。

 

まとめ

ダイエットは闇雲に運動しても効果が出似にくく、逆効果の場合もあります。

効率よく、正しい生活習慣により、痩せやすく、リバウンドしにくい体づくりを目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!

Takeblogの最新記事8件