ブログの細かな部分を修正中

社会人1年目の悩みについて

こんにちは

今日は大半の人が躓く、「社会人1年目」の悩みについて紹介します。

こんな人におすすめ

・社会人としてうまく生きていけるかが不安で自信がない。
・現状、悩み事が多い。
・鬱になりそうだ

とくにネガティブ思考になっている人におすすめ。

社会人1年目で多い悩み

・残業が多い
・人間関係がうまくいかない
・上司や先輩に怒られる
・休みが少ない、取りにくい
・業務の量が多い
・仕事が覚えられない
・やりがいを感じない
・給料が低い

 

残業が多い

どの会社でも残業はあります。毎日1時間平均は基本だと思った方が良いでしょう。
とくに新卒の場合、業務効率が悪く、先輩より倍近くの時間がかかる事はあります。なので最初の1年は残業が多くなる傾向があります。

残業が月平均60時間を超える会社の場合は退社を考えた方がいいでしょう。
また、残業が精神的に疲労する場合も退職を考えた方が、体を壊すよりかはマシです。

サービス残業を強制する会社の場合は即退社しましょう。時間の無駄になります。

人間関係がうまくいかない

人間関係がうまくいかない理由は3つあります。

コミュニケーションに抵抗や恐怖がある

社会人1年目は、学生と違い、どのようなコミュニケーションと取ったら良いのか?マナーは大丈夫なのか?とあらゆる事に注意しようとするため、
自然にコミュニケーションが取れない事があります。
注意すべき点は、敬語を使う事。相手の時間を考慮する言葉「今お時間大丈夫でしょうか?」など。手伝える事があればする。

相手を気遣う事を意識して行動すれば全く問題なし

お互いの事をまだ理解していない為

時間が解決してくれます。業務において、相談や報告をする事になると思います。その小さなコミュニケーションを継続していくと、いつの間にか抵抗なく、よい関係になります。

話かけずらい。重い空気がある

業務に支障を懐す場合は思い切って相談はしましょう。そこで怒られても悪いのはその空気を作っている先輩や上司です。

しかし、どうでも良い話は絶対にダメですが、少し調べればわかる事に関しては、出来るだけ自己解決しておきましょう。
また、自己解決した内容が、業務に影響する場合は、一度確認してもらう必要があります。
周りが誰もしゃべらず、無言の環境や、ピリピリした空気がある場合など非常に話かけずらい時があります。
そんなときでもお構いなく、相談しましょう。怒られても全く気にする必要はありません。

恐怖を感じる原因は、怒られた時に、自身を攻めてしまうからです。なので、
理不尽な場合は、全く気にしないとあらかじめ決めておくと、精神的ダメージを負いにくいです。

上司や先輩に怒られる

怒られるとありますが、叱られるの間違いである事が殆どです。
怒られるとは、感情的になり、相手の成長を全く考えていない行動です。
叱るとは、知識の向上や行動改善を促すような成長させる行動です。

 

■叱る
なぜこのような事態になったのか?
どうすれば改善出来るのか?相手に考えさせるような行動をします。■怒る
「どうして出来ないんだ」
「こんなことも出来ないのか」
相手に考えを与えない行動をします。
最悪、暴言を吐く人もいます。

もし、怒られる場合は、別の先輩や上司に相談しましょう。そこで改善が全く見込めない場合は、指導が出来ない会社だと認識しましょう。
精神的に病む場合は退社を検討しましょう。

休みが少ない、取りにくい

休日は取らないと労働基準法違反です。また、有給も取れる権利があるので、誰も文句は言えません。
ただし、自身の業務が溜まっている場合は、それを片付けてから休む方がいいでしょう。
自身が休むことで、周りの人が休めない状況になっていないか考える必要があります。

 

業務の量が多い

1年目の場合、自身のスキル不足が原因の場合が多いです。特に、初めて行う作業の場合は特に効率が悪く、何倍も時間がかかります。
そこで、一度行った業務内容をおさらいし、どうすれば効率よく早く終わらせることが出来るかを研究し、改善をする事が大切です。
その研究、改善の繰り返しが一人前の自立した個人に慣れるチャンスです。

 

仕事が覚えられない

誰しも得意、不得意はあります。なので、覚えが悪くても焦ることはありません。必要なのは、確実に覚える事です。
また、周りと比べてしまうと自信がなくなってしまうので、他人は他人と割り切ることも大切です。

最初の内は、環境になれる事が大切で、ここが問題になると、覚える事よりも耐える事が優先になり、負の連鎖に呑まれてしまう事になりかねません。
また、周りと比べられ、覚えが悪い事で攻める人もいます。しかし、長い目で見ると、30年ぐらい働く可能性があるので、覚えが悪くても期間的に見れば全く問題ありません。
攻める人は気にする必要もありません。
もし、覚えが悪く、向いていないと思った場合は、部署を変えるなど、環境の変化を与えてみるのもいいです。

ある程度のところで開き直って考える事も大切です。

やりがいを感じない

これは2通りあります。

職種的にやりがいはあるが、会社敵にやりがいを感じない。

やりたい仕事だけど、今の職場の環境がそれをやらせてくれない。又は出来ない。

この場合、上司に相談する事をお勧めします。「私はこの仕事がしたい」と意志を伝える事が大切です。
もし、これからやりたい事が出来ないとわかった場合は、それができる環境を探したほうが有意義な人生を送れます。

仕事的にやりがいを感じない

仕事にやりがいを感じない場合はすぐに環境を変えましょう。職場は人間関係を求めるものではありません。あくまで仕事です。
この仕事に抵抗が出来てしまうと、パフォーマンスが落ちます。さらにストレスも溜まります。非常に非効率です。
そのため、退職し、別のやりがいを感じられる職場や環境を探したほうが圧倒的に良いです。
我慢して何年も働くと、マンネリ化し、思考停止するため、時間を大きく無駄にする結果になります。

給料が低い

最初は給料は低いです。10年ぐらいでやっと年収400万超えるとよい方です。もちろん職場によって600万円以上もらえる所もあります。
働いて稼ぐ時点で効率が悪く、時間に合わない給料です。なので、少しでも、個人でビジネスを考えて行動する事が求められます。
給料だけが稼ぐ手段ではありません。調べればたくさん方法はあります。必要なのは、思いついた事をすぐにやってみる事から始めましょう。

まとめ

職場は基本楽しい場所ではありません。できる事なら働かずに一生遊びたいです。
でも生きていくにはお金が必要です。
そのお金を稼ぐ方法は就職する事以外にたくさんあります。
これからは、
職場での能力だけでなく、ビジネス思考も必要になってきます。

最初は本を読むなり、いろんな情報に触れましょう。そして、少しでも多く行動に移しましょう。

最新情報をチェックしよう!

社会人編の最新記事8件