ブログの細かな部分を修正中

自分中心で考える

人生を豊かにするにはまず、自身を優先に考えましょう。

こんな人におすすめ

・仕事で疲れやすい人
・周りの話に合わすのに精一杯な人
・周りの評価を気にしてしまう人

自分中心は楽

自身の意識が外部に向いていると、非常に疲れます。自身の行動や話はコントロールできますが、他人の場合すべてが謎です。
ある程度の予測は出来ますが、確実ではない為、気にしても無駄なのです。神経質になるほど疲れます。

自分中心は、あまりよくないイメージがあると思いますが、わがままであったり自分勝手とは違います。
自身の立場における責任を果たせば問題ありません。

自分中心の場合、他人の事を優先的に捉えない為、周りを気にしません。
実際に口から出た言葉しか考えようとしません。その分、無駄な考えをしないので、楽です。

他人の感情や考えは話さないとわかりません。
周りに気疲れしてしまう人ほど、話す前に良くない想像をしてしまい、無駄に疲れます。
周りから陰口を言われているかもしれないとか、よく思われていないとか、考える必要はありません。
陰口を言う人は、能力が低いか、誰に対しても陰口を言います。気にするだけ無駄です。

自分中心の注意点

・自身の立場における責任を取らないと、信用を失う。
・わがまま、自分勝手になってしまう人もいる

自身の立場における責任を取らないと、信用を失う

自身の行動は自分中心の人にかかわらず、責任を持ちましょう。責任を果たさない人は信用されません。
信用されないと、回復までに長時間かかったり、最悪、回復出来ない状態になったりと大変です。
特に自分中心で行動していると、頭の悪い人はすぐ嫌い、良いイメージをもっていません。
問題があるとすぐに潰しに来られるので、責任の義務は果たしましょう。その上で、文句を言われる場合は相手にしないで結構です。

わがまま、自分勝手になってしまう人もいる

自分中心との違いは、周りの話を聞く事が出来るです。

自分中心の考え方が、わがまま、自分勝手といった他人の話を聞かないのとは違います。
自分を優先に物事を判断しますが、他人の言う事もしっかり聞いて理解した上で行動します。
話を聞かないと、暴走車と同じで、周りから制御不能の扱いをされます。
結果、わがままや自分勝手になります。

 

まとめ

判らない事を無駄に考えても疲れるだけです。実際に言われたりした時だけ考えましょう。

10人に1人は自身との考えに合わない人は必ずいます。そのため、行動すれば、よく思わない人が出てくるのは当たり前です。
そんな事に無駄に考えることを無くすことで、精神が楽になり、思い切った行動や判断を下せるようになります。

どんな時でも自分の責任をしっかり果たせば怖い物はありません。

 

最新情報をチェックしよう!

社会人編の最新記事8件