ブログの細かな部分を修正中

イライラは時間の無駄

  • 2021年3月9日
  • 2021年10月19日
  • Takeblog
  • 3view

こんにちは

今日はイラ中の私が、損したことをお話しします。

イライラは時間の無駄である理由

・イライラしていると余計にイライラする事態になる
・人間関係で損をする
・ストレスがたまる
・体を壊す

このことから効率が悪く、回復などで無駄に時間がかかる為、イライラは損をします。

イライラしていると余計にイライラする事態になる

イライラすると周りの人が距離を置いたり、離れていきます。そうすると、いざ協力が欲しい時に誰も助けてくれない状況になることがあります。
また、反感をかうことで、存在自体を否定され、会議などで損はあっても得が全くありません。
結果信用を失い孤立してしまうリスクがあります。
そのため不都合なことがより多く発生します。そうなるとよりイライラする事になります。

そうなる前にイライラする原因が周りの環境にあるのであれば、イライラがピークに達するまでに相談や環境を変えるなどの行動をするべきです。
イライラのピークは完全に制御不能になります。止まらない、止めれないです。そうなる前に改善しましょう。

人間関係で損をする

イライラして怒ってばかりだと、周りに無駄に気を使わせてしまいます。第三者からすると近くにいるだけで疲れる人の印象を持たれます。
イライラする原因の人の前以外では損をします。
逆に原因の人の場合、改善する可能性が少しですがあります。原因の人が気づいて改善する事があるからです。
しかし、殆どは気づいても逆切れする人もいたり、コンプライアンス違反に発展する場合が殆どなので、損するほうが圧倒的に高いです。
よくあるのが人事評価を下げられる。たとえ周りに迷惑をかけなくてもこういう嫌がらせをされる事もあります。

ストレスがたまる

イライラはストレスを最大に増やします。イライラする原因もストレスです。
このことから、イライラしている間はずっとストレスが溜まり続けます。いつの間にかうつ病になる可能性も高いので危険です。
イライラが制御できなくなってきたらうつ病の手前まで重症化しています。
制御できない、体に異常が出てきたと思ったらすぐに休みましょう。

体を壊す

イライラはストレスが原因と言いました。
このストレスが体にあらゆる症状を出します。

最初はイライラ → 胃腸炎などの内臓異常 → 目眩や脱毛 → 制御出来ないイライラ → 無気力(うつ病)になります。

イライラして暴れたいぐらい溜まっていた怒りがすべて弾けるぐらいの勢いで一気に無気力になります。
普段イライラしている人は、末期状態になる前に自身の状態がどの位置にいるのかを知っておく必要があります。

うつ病まで行くと人生に大損害を与える

うつ病は無気力にする最悪な敵です。さらに厄介なことに再発率80%を超え、ちょっと不安なことがあると気力が下がりやすい状態になります。

精神的疲労を起こしやすくなるため、慢性的に疲れを感じる状態になります。
この精神的疲労は肉体的疲労にくらべ解消しにくいため、長期戦になります。そのため、うつ病になるとそこからの人生がかなり厳しい物になります。
会社などでパワハラで部下などをうつ病にしてしまう人がいます。この相手をうつ病にする人はその人を殺しているのと同じような事です。
なので、うつ病に追い込む傾向のある人には近づかないようにしましょう。

・運動する
・散歩する
・瞑想する
・しっかり寝る

この4つです。

これらは別ブログで紹介しているので詳しくはそちらを見てください。

簡単に、これら4つの行動は脳にリラックスを与えたり、自立神経を整える働きがあります。そのため、睡眠の質が高まり、脳疲労が回復します。
一度で完全に癒すことが出来ないので、継続する事が大切です。
また、高負荷な運動は逆効果なので、気持ちよく汗をかくぐらいが一番です。

まとめ

イライラすると人生が終わってしまうリスクがあるので、異常を感じたらすぐに改善を考えましょう。
末期になってからは遅いです。
特にうつ病は最近までサボりややる気が無い証拠など、意味不明な解釈をされていました。

今では社会問題までに発展し、完全に病気です。ほっておくと厄介なので十分な対策をすることで、自身の未来を豊かにすると言っても過言ではありません。

運動はとてもお勧めです。脳疲労は改善するし、健康的な体にもなるのでお勧めします。

 

最新情報をチェックしよう!

Takeblogの最新記事8件