ブログの細かな部分を修正中

パチンコ・スロットは稼げません

元店員の私からすると、不正行為をしない限り勝てません。

その理由をお伝えします。

稼げない理由

・パチンコ・スロットはお店側に利益になるように作られている
・規制が厳しく、あまりにリターンが少ない
・設定6の効力が弱い
・釘曲げは違法

この4点から稼ぐことは無理です。

パチンコ・スロットはお店側に利益になるように作られている

平均70%は負けます。勝率30%を連続で引かないと稼げません。30%のうち5%は10万円以上の勝ちが見込めます。
一度の勝分で大きく稼がないと、すぐにマイナスになります。あくまで出荷状態での確率の話です

規制が厳しく、あまりにリターンが少ない

2020年までにパチンコやスロットに大きく動きがありました。

■パチンコ
・MAXタイプ (1/400)が禁止
・出玉の最大が 2400玉 → 1500玉
・継続率    約80% → 65% → 現在は上限撤廃 ※一時間当たりの出玉上限は決まっている。継続率が上がっても出玉が少なかったり演出を長くすることで対応。
・救済(天井) なし → 平均900回転
■スロット
・スロットの機械割 119% → 114%

簡単に出玉が少なくなり、消費は変わらないのでリスクだけが高い。あと無駄に演出が長くてだるい。
ここ最近では大当たりスピードは上がったものの、その分1回の平均出玉が少ない。
唯一の救いはパチンコに救済処置として「遊タイプ(天井)」が搭載されたので大ハマりのリスクはなくなった。

※天井とは規定回転数を超えるとパチンコは電チューサポートがつき、スロットなら大当たりします。

設定6の効力が弱い

機械割が最大114%なのでたとえ設定6を入れても理論上は勝てます。しかし、引きもあるので負ける可能性は以前より高くなっています。
必ずしも14%の利益が出ると保証はないので。さらに、設定6はなかなか入れれません。もちろん赤字になるからです。
そこらを考慮するとよくても107%前後。ダメ店舗に行くと設定1のような機械割91%の貯金箱もあるので、全体的に勝つのは厳しくなりました。
たまにビギナーズラックで設定1の台が1万枚を出すような事もあります。とくに「ミリオンゴッド」シリーズなどよくありました。
しかしその台もなくなり、かなり厳しい事になっています。

釘曲げは違法

パチンコ台はスロットのようにほとんどの台は設定はありません。一時、設定が搭載された物も出たが、全くヒットせず今では無い。
パチンコの利益操作は釘を曲げ、回転数を増やしたり減らしたりすることで調整します。業界用語で「ベース」といいます。
※ベースとは1分間(100玉)打ち続けたときの平均賞球数です。
このベースを調整することで利益を調整します。ホールコンピューターからそのベースデーターは読み込まれるので確認ができます。
決して遠隔しているのではありませんw
しかし、実際の規定では釘は曲げれません。あくまでメンテナンスをしているという合法です。
どこのお店でも当たり前のようにこの合法を利用しています。そうしないとお客さんがいなくなります。
お客さんがいなくなる理由は出荷当時の釘は非常に狭く、回りません(ベースは低い)。
釘を調整しないと遊べるような回転数でないため非常にストレスです。

規制通りに運営するとパチンコはローリスクハイリターンです。

この店は出さないという考えは違う

店によってぼったくりといわれる店舗があります。しかし、実際は出したくても出せないという現状です。

出すための資金が無かったり、そもそもお客さんが来ない事もあります。もちろん赤字覚悟で出せばお客さんは増えます。
しかし、回収するまでにはお客さんは消えます。台自体が面白くないとパチンコ・スロット経営は厳しいです。

ここ最近は大型店舗は残り、小型店舗はどんどん閉店するでしょう。

まとめ

機械的にもあまり出せない。お店側には大手以外は出すことも困難な状況なので、それらを考慮すると勝てません。

毎日来れば1日ぐらいは勝てるかもしれません。たとえ10万円や100万円稼いだと思っても、今までの出費を計算すると倍以上負けていることは当たり前な状況です。
なのでパチンコ・スロットは遊戯を楽しむ物であり、ギャンブルを目的にするものではありません。

パチンコ・スロットはギャンブルといわれていますが、違います。

引き落としが出来ないATMです。

なので入れたお金は帰ってこないのでギャンブルではありませんww

最新情報をチェックしよう!

社会人編の最新記事8件