ブログの細かな部分を修正中

転職する事は大切です

転職する事を考えるようになったら転職しましょう。

転職をする事は大切です。

こんな人におすすめ

・転職に不安がある人
・今の会社に不満が多い方

転職に不安がある人

・ちゃんと転職できるのか
・転職はマイナス履歴になるのでは
・転職することで今より悪い会社に入ってしまうのではないか
・転職するまでに何をすればよいのか
・退職後の出費

今の会社に不満が多い方

・人間関係のトラブルが多い
・残業が多い
・給料が低い
・休日が少ない

これに該当して不満が多く溜まっている方は環境を変え、いち早くマシな環境に身を移しましょう。
会社側に問題があるのであれば、この不満は緩和されます。
逆に自身に問題があればどこへ行っても同じ不満が出るので、そうなった時は、自身を正す事などスキルアップの機会にもなります。

 

転職する事の不安への回答

 

ちゃんと転職できるのか

人間性によっぽろな難が無い限り必ず見つかります。年齢が若い程有利です。

転職はマイナス履歴になるのでは

20代でも平均2回は転職するので履歴に傷が付くと考えられません。短期間にそれ以上転職すると問題視されます。
逆に全く転職しない人の方が珍しいぐらいです。

転職することで今より悪い会社に入ってしまうのではないか

今より良い会社に入れるか、逆に悪い会社に入ってしまうかは殆どの割合は運です。
でも大丈夫。
悪い会社ならまた転職すれば良いだけの事。

・面接の態度が悪い会社  危険度 
・ホームページがあるか? 危険度 
・挨拶出来ない      危険度 中
・即採用を出す      危険度 中
・職場が静かすぎ     危険度 低

面接の態度が悪い 危険度 

面接の態度が悪い会社は教育が行き届いていない為、会社全体の質が悪いです。
圧迫面接とは違い、誹謗中傷や全否定、明らかに怠そうな姿勢をします。
そんな会社だと教えてくれているので即除外しましょう。

ホームページがあるか? 危険度 

ホームページはその会社の案内板です。これが無いと

・時代遅れの会社
・載せる情報がない会社
・不安定な会社
・地元の小規模会社

主に4つに絞られます
ブラック会社に捕まる可能性が極めて高いのでしっかり検索しておきましょう。

挨拶出来ない 危険度 中

挨拶が出来ないと印象がかなり悪いです。危険度が中なのはたまたまその人に問題があるか、忙しすぎて気づいてもらえなかったかです。
挨拶が出来ない人は会社に入ると一人はいます。明らかに挨拶を無視するような人が2人以上いれば危険です。

即採用を出す 危険度 中

直ぐにでも来てほしいという気持ちの現れ。余裕がない事は確実なのでそうなった原因があります。
業種が市場から見て小さい会社なら人数が足りない事はよくあります。入れ以外なら人間関係に問題があります。

職場が静かすぎ 危険度 小

面接に来た時に受付から静かな会社には注意したいです。
職業柄、静かにしないといけない会社なら当たり前ですが、

・人間関係が悪いか、
・面接と言う事で上層部の人が来ているから
・重要なイベントがあるから
・追いこみ時期だから

この4つが思いつきます。
多いのが「面接と言う事で上層部の人が来ているから」
いつもと違う人たちが集まると少し緊張する事が小さい会社だとよくあります。

転職するまでに何をすればよいのか

転職活動をしましょう。会社によってはダメな会社もあるのでひっそり活動しましょう。
退職すると、色々と出費が重なるので出来るだけ無職になる期間は短いほうが良い転職が出来ます。
職安に相談するところから始めましょう。

退職後の出費

・住居を借りているのであれば毎月の家賃。場合によっては引越し費用が掛かる。 5万~30万
私は長距離移動になった為24万円かかりました。長距離移動では家具は捨てたり売ったりして、引越し先で買い戻した方が安いです。
・国民健康保険に入る。毎月3万円前後、お金がかかります。無職期間が長い程必要。
・住民税の支払いがくる 私の場合は10万円でした。

転職するにはお金に余裕があるほど良いです。
お金に余裕があると、落ち着いて次の転職先を見つけれるからです。
あわてて探すと、下調べが出来ないだけでなく、いろんな会社を受けてみる余裕が無くなり、視野が狭くなります。

また、
離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して12カ月以上あること職安で失業手当が出ます。3か月間出ますが、会社都合の退社でない限り、中数ヶ月支払い待ちになります。
転職後も、以前の会社と比べて収入が落ちた場合は補助金がもらえます。

・相談は転職経験が多い人
・クビになって転職した人は除く

この二つが条件です。

経験が無い人や、クビになった人に相談をすると、「転職するといい事ないよ」、「この会社でダメならどこへ行っても通用しないよ」などと不安を煽る傾向があります。
不安ではなく、アドバイスをくれる人にしましょう。

まとめ

 

■メリット
・転職は珍しい事ではないので短期間に多く転職しない限り問題ない。
・今の会社に不満がある人は、その会社にとどまる事の方がリスク。
・転職をするとキャリアアップ・スキルアップが見込める■デメリット
・退職すると出費が重なるので、出来るだけ無職期間が短いようにする。

環境を変える事で、自身のキャリアアップにつながるので、特に若い内はよりメリットが多いです。
自身がこれだと思える職場を見つけるには転職も必要です。我慢や不安ばかり溜めて会社に居続ける行為は不幸な結果を生みます。
石の上にも3年とありますが、それは自身がやりたい事に限りです。
行動しない程、不安が募ります。思い切って転職へ乗り出してみましょう。

転職は自身を大きく成長させてくれる機会です。楽しんでいってらっしゃい!

最新情報をチェックしよう!

社会人編の最新記事8件