ブログの細かな部分を修正中

運動は超おすすめです

運動は大切です。
学生時代と比べ、デスクワーク中心や徒歩移動が少なくなり運動不足になりがちです。

運動が大切な理由

生活習慣病の予防やダイエット効果が代表なメリットですが、そのほかにも

・疲れが取れる(パフォーマンス向上)

・太りにくい体

疲れが取れる(パフォーマンス向上)

疲れは肉体的と精神的の疲れが存在します。
肉体的の場合、栄養をしっかりとり、睡眠を取れば回復します。
問題は精神的疲労です。ストレス社会の日本にとってこの疲れは身近で要注意です。
最悪うつ病になり、再起不能になりかねません。
精神疲労は睡眠の質を大きく妨げる為、なかなか癒えません。回復まで時間が掛かります。
運動はこの精神疲労を回復する効果があります。運動する事で体のサイクルを促進させ、自立神経を整えます。

疲れてぐっすり眠れ、睡眠効果が上がるので継続すると一日のパフォーマンスが向上します。

太りにくい体

運動をするとダイエット効果はもちろんですが、効率の良い運動をする事で、太りにくい体を手に入れる事が出来ます。
食事を抜いた減量方よりかなり効果があります。

補足(精神疲労が睡眠の質を妨げる理由)

理由は不安などから起こる脳疲労が原因です。不安が多い人だと常に考え事をしている事が多く、睡眠時間になっても頭が覚醒してしまいます。たとえ眠りについたとしても、夢を見てしまい、全然疲労が取れません。脳疲労は偏頭痛や立ちくらみの症状が出ます。
症状が見られる方は、激しい運動は控え、軽く汗が出るぐらいの運動にしましょう。

また、一日5分程度瞑想をして、脳の動きを落ち着かせる事で、脳疲労の回復が見込めます。

 

 

運動方法

運動は無酸素運動と有酸素運動に分かれます

無酸素運動をメインにする

ウエイトを掛けた運動(ダンベルや機械を使ったトレーニング)

筋力量が上がると基礎代謝が上がる為おすすめです。
大きい筋肉(足のモモ・モモ裏)からトレーニングしましょう。
中でもスクワットはきついですがおすすめです。
負荷は10回をギリギリ出来る程度に設定しましょう。
10回×3セット インターバル1分

これを下半身、上半身の順で各部位事に鍛えていきます。
運動後は48時間は休ませましょう。

筋肉痛になっている時にトレーニングしても効率がかなり悪いです。

 

有酸素運動は無酸素運動後に

有酸素運動は無酸素運動後に行うと効率的です。

主にジョギング
最初は糖分
20分後に脂質と分解して行きます。
なので20分以上行う事が大切です。

また、激しい負荷で行うと、筋肉を分解してしまうので要注意です。
長距離選手が細身なのはこれが理由です。

負荷は気持ちが良いと思える負荷で行いましょう。

まとめ

運動は非常に健康に良く、一日のパフォーマンスを向上させる為、
仕事やプライベートを充実させてくれます。
朝一にダルさを感じている方や、精神的に疲労し、ボーとしている方は、今すぐに始めましょう。
最初から無理すると怪我をしたり、挫折したりするので、週2回程度で十分ですので続ける事が大切です。
また、女性の方で鍛えるとムキムキになったり太くなってしまう事を気にしてしまう方がいらっしゃいますが、ホルモンの関係で大きくなる心配はありません。
逆に引き締まるのでスタイルが良く見えます。
また、男性の場合でも、毎日死にそうなトレーニングと完璧な栄養摂取しない限りボディービルダーのようなマッチョにはならないですよ。

家でやりたい方は道具はネットで安く売っているので興味があれば見てみてください。
ファイテンロード ⇨ https://www.fightingroad.co.jp/

最新情報をチェックしよう!

社会人編の最新記事8件